会社設立初心者ガイドへようこそ

合同会社

新会社法によって合同会社と言うのが設立されましたが、その合同会社の良さというのは日本にはまだ浸透していないと思います。日本では会社といえば株式会社、その次に有限会社が一般的なのですが、欧米では、この合同会社が一般的な会社形態が多いんです。若干、日本と欧米の税制面などの違いがありますが、これからは合同会社も多くなっていくと考えられています。

合同会社のメリット

合同会社の最大のメリットといえば、株式会社のように会社の運営が悪くなってしまい、債務を被ってしまった場合、出資者は出資額以上の責任を負う必要がないという、有限責任性であることでしょう。
役員構成では、株式会社の場合だと取締役や監査役などの役員を構成しますが、合同会社の場合は自由に役員構成ができことでしょう。出資も出来れば経営者としてもこなすことができます。
株式会社での利益配当する場合、出資額に応じて配当金を受け取ることが出来るのですが、その場合だと、どんなに頑張って利益をつくったとしても出資していない者にとっては配当金は回ってこず、配当金をたくさん出資したのみの利益と考えられることから、やる気がなくなってしまうということもあるでしょう。ですが、合同会社の場合だと、利益配当は出資額に関係なく配当できるようになり、それを出資者の間で取り決められます。そうすることで、お金だけではなく、会社にとっても利益の出るアイディアなどが生まれたり、仕事をより頑張ろうという気持ちにさせてくれる相乗効果があります。

合同会社のデメリット

合同会社のデメリットといえば、やはりまだ認知度が低いということで、信用度が株式会社に比べ劣っているということですね。しかし、今はこの新しい会社形態が設立され数年ということなので、認知度が低いというのは当然ですが、いまでは若手企業家が増えてきているので、この合同会社をどういかして会社を設立していくかという今からどう成長していくかが楽しみと私は考えています。
合同会社の場合、株主総会や決算報告などがないため、会社の今の経済状況はどうなのかということ把握できないということがありますので、その為に、会計書類などを作成して保存しておく義務があります。出資者から財政状況のことについて閲覧請求があった場合にすぐ対応できるように会計書類は作成しておく必要があります。デメリットというわけではないとおもいますが、会計書類を常に備えておくこと、あと書類保管場所を確保しておかなくてはいけないというこでしょうか。
合同会社は、出資者全員の協力や信頼関係で成り立っていますが、もし意見バラバラになってしまったりすると、最悪な結果になってしまうことがありますので、そうならない為に一人はみんなの為に、みんなは一人の為にをモットーに頑張っていくという強い信頼関係が必要です。

注意事項
当サイトの注意事項ですので、必ずお読みください。
『会社設立初心者ガイド』は、一般的に調べられる所から、個人的に様々な資料をもとにして基本的な情報をまとめたり、自分の経験談を紹介しております。
『会社設立初心者ガイド』の情報やその内容につきましては、確実な内容を正確にお伝えしたいと思っておりますが、すべてが最新で正確な情報とは限らない場合もあると思いますので、ご利用の際は自己責任でお願いします。
『会社設立初心者ガイド』は、予告なしに内容及びURLの変更や削除をする場合がありますので、 あらかじめご了承下さい。
『会社設立初心者ガイド』での掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につきましては、無断で使用・複製することを禁じます。
『会社設立初心者ガイド』のリンクはフリーとなっておりますので、ご自由に張付けOKです。その際のご連絡も不要です。
(c) 会社設立初心者ガイドTOP Allright Reserved.