会社設立初心者ガイドへようこそ

株式会社を設立する

発起人

会社を設立する際には必ず発起人という人がいるはずです。それが一人の場合は発起人決定書を記載し、複数いる場合は会議を行い発起人会議事録を記載しなければなりません。
その書類に記載する事項は、商号、事業目的、株式の取り決め、発起人数、発起人総代表者、現物出資の有無、株式払込場所などを記載しましょう。

定款の作成

定款とは、会社を設立する際には必ず作成しなければなりません。これは、会社を設立し運営していくためのルールブックのようなもので、絶対に記載しなければならない事項などがあります。

絶対的記載事項

絶対的記載事項とは、定款を作成する上で必ず記載しなければならない事項です。

相対的記載事項

相対的記載事項とは、記載していると法的効力が発生することができます。

任意的記載事項

任意的記載事項とは、会社の経営をスムーズな流れで行っていけるようにと言う事項です。

定款の認証

定款を作成したら、公証役場にて公証人の認証を受けます。この場合、発起人以外が出向く場合には、委任状と代理人の実印と印鑑証明が必要になります。また発起人が複数いて、どうしても都合が付かない人がいる場合には、その人の委任状が必要になります。
※電子ファイルを活用して認証手続きが出来る方法もあります。

出資金の払込み(金銭)

出資金の払込みをします。証明書類を作成して、通帳のコピーと一緒にしておき、つなぎ目には会社の代表印を押印しておきましょう。

取締役会

取締役会を設立する場合は、設立時代表取締役を選定行いますが、設置しない場合には、設立時代表取締役を選定することができます。

登記申請書類

登記書類を作成して登記申請を行います。

※登記申請書には、本店・支店の所在地、商号、事業目的、資本金、取締役の名前、代表取締役の名前と住所、株式発行総数(会社にて)、設立時の株式発行数、広告の方法などを記載します。

登記申請

代表取締役が、本店の所在地の管轄で登記所にて登記申請を行います。登記申請の受理がされれば、会社設立となります。

やっとで会社設立ができました!!

注意事項
当サイトの注意事項ですので、必ずお読みください。
『会社設立初心者ガイド』は、一般的に調べられる所から、個人的に様々な資料をもとにして基本的な情報をまとめたり、自分の経験談を紹介しております。
『会社設立初心者ガイド』の情報やその内容につきましては、確実な内容を正確にお伝えしたいと思っておりますが、すべてが最新で正確な情報とは限らない場合もあると思いますので、ご利用の際は自己責任でお願いします。
『会社設立初心者ガイド』は、予告なしに内容及びURLの変更や削除をする場合がありますので、 あらかじめご了承下さい。
『会社設立初心者ガイド』での掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につきましては、無断で使用・複製することを禁じます。
『会社設立初心者ガイド』のリンクはフリーとなっておりますので、ご自由に張付けOKです。その際のご連絡も不要です。
(c) 会社設立初心者ガイドTOP Allright Reserved.