会社設立初心者ガイドへようこそ

会社設立の基礎知識

まずは、初心者にとっては何から手をつけていいのかわからないものですよね。ということで、まずは会社設立の基礎知識を蓄えましょう!
会社の基礎知識、たしか小学校が中学校の頃に学校で習った記憶が・・・しかし思い出せない。。。ということで、調べてみると平成18年5月に会社法が変更されていたので、今回はその最新の会社法について勉強しましょう♪

会社法が新しくなって

資本金

やっぱり、制度が改正され一番変化があったのは、「資本金」ではないでしょうか。法改正前では、株式会社の場合の最低資本金は1000万円が必要でしたが、な、な、なんと改正後では最低1円から株式会社の設立が出来るようになったことです。これによって、資本金の1000万円がネックなっていたことが解けて、会社設立がしやすくなりました。
※改正前でも規定によっては、1円から会社設立ができましたが、その条件が財務諸表を定期的に提出したり、大臣の確認を受けたり、さらには会社設立して5年以内で資本金を1000万円まで増やさなければいけないという条件がありましたが、これらは改正とともに廃止になりました。

有限会社が廃止

有限会社が廃止になったことで、有限会社としての会社設立はできなくなり、株式会社としてまとまりに入ります。
もし、法改正前に有限会社として設立された場合に、有限会社という名を残したままで、株式会社として「特例有限会社」として運営ができ、有限会社のメリットを残しながら株式会社として存続ができるのです。反対に、有限会社と言う商号を株式会社へと変更したいという場合、手続きをすると株式会社として変更ができます。その際定款も変更になります。

取締役

株式会社の場合、取締役が最低3人必要でしたが、今は取締役は1人でもOKと言うことになったので、自らが取締役をやり会社設立することもできるようになりました。また、以前は3ヶ月に1回は「取締役会」と言って、取締役全員で集会を行わなければならなかったのですが、取締役が1人なら集会というのも出来なくなったので、強制的にということではなくなりました。

払込金保管証明書が不要

以前は会社設立する際には金融機関の払込金保管証明書というのが必要でした。その手続きは資本金を金融機関へ払い、払込金保管証明書を発行して登記申請へと添付してたのですが、金融機関と取引が無い場合には紹介がないと出来ない場合があり、会社設立を断念という人もいました。
しかし、改正後は、代表者が作製した払込み証明書と預金通帳のコピーをしたものが合えば、金融機関へ依頼しなくてもOKと言うことに改正されました。

合同会社という新会社組織

合同会社(LLC Limited Liability Company)という新しい組織形態が誕生しました。
株式との違いは、自由に会社運営が出来るということで、社員全員の同意で意思決定が行えるということや、出資の割合に関わらず利益や権限配分ができます。

注意事項
当サイトの注意事項ですので、必ずお読みください。
『会社設立初心者ガイド』は、一般的に調べられる所から、個人的に様々な資料をもとにして基本的な情報をまとめたり、自分の経験談を紹介しております。
『会社設立初心者ガイド』の情報やその内容につきましては、確実な内容を正確にお伝えしたいと思っておりますが、すべてが最新で正確な情報とは限らない場合もあると思いますので、ご利用の際は自己責任でお願いします。
『会社設立初心者ガイド』は、予告なしに内容及びURLの変更や削除をする場合がありますので、 あらかじめご了承下さい。
『会社設立初心者ガイド』での掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につきましては、無断で使用・複製することを禁じます。
『会社設立初心者ガイド』のリンクはフリーとなっておりますので、ご自由に張付けOKです。その際のご連絡も不要です。
(c) 会社設立初心者ガイドTOP Allright Reserved.